英語

英語のかけ流しは本当に有効?効果を感じた赤ちゃん向け英語DVD!

グローバル化がどんどん進む時代となり、「子どもには英語を難なく話せるようになって欲しい!」と願うパパママたちも多い事と思います。我が家も例外ではありません。

しかし両親とも日本人&日本在住の場合、意識的に機会を作らない事には、英語に触れる機会がなかなかありませんよね?我が家では、なるべく英語を身近に感じてもらうため、まずは子どもたちが生まれて間もない頃から「英語のかけ流し」を行ってきました。

そして現在、ムスコ5歳。
最近では、オンラインで英会話の個人レッスンを受けるまでになりました。
そこで、
「赤ちゃん時代からの英語のかけ流しは、本当にやった方がいい?」
「どんなDVDが効果あった?」
という点について、現時点で感じていることをレポートしたいと思います。

結論から言うと、
子どもに英語を話せるようになって欲しいなら、幼児期からのかけ流しは絶対やった方が良いです!

英語のかけ流しの効果として期待していたこと

英語に対する免疫をつける

まず期待したのは、「英語を聞いても不快に感じない」ための免疫づくりです。
例えば、ある映画を日本語で観ている時は内容に集中できても、自分に馴染みのない言語で再生してみると、例え話の内容が分かっていたとしても、ストレスを感じませんか?
(試した事のない方は、ぜひやってみてください!)

この”ストレス”が、今後子どもたちが英語学習を進めるうえで障害になってしまう可能性があるのかな、と考えました。
そこで、子どもが英語を外国語として意識しないうちに英語を聞かせることによって、英語に慣れ、ストレスを感じずに聴けるようになる事を期待しました。

英語のリズムに慣れる

日本語にも言える事ですが、アクセントやイントネーション、間の開け方、母音や子音の聴こえ方など、英語にも独特のリズムがあります。

ムスコのオンラインレッスン中の事なのですが、英語が苦手な私は「なんじゃ?この先生今なんて言った?」とフリーズしてしまった事がありました。子どもに向けて話している内容なので、そんなに難しい事は言っていないはずなのに(汗)。その時、普段から仕事でも英語を使って耳慣れしているオットは、なんとなく英語が聞こえる位置でムスメの相手をしている最中でも、難なく聴き取れていて教えてくれたという事がありました。

その時先生がムスコに聞いた質問は、
”Who taught you how to ride a bicycle?” (誰が自転車の乗り方を教えてくれたの?)
というような簡単なものだったのです。
読めば意味は分かるし、単語も文法も理解しているのにもかかわらず、一度では聴き取れなかったのです・・・

「読めば意味が分かるけど、耳で聴くだけだと理解できない」
とか、
「文法もスペルも正しく書いて伝えることは出来るけど、発音してみると相手に伝わらない」
というのは、英単語や文法が問題なのではなく、英語のリズムに慣れていないから「聴いて理解できない・話して理解してもらえない」のかなと、私が外国語学習をする上で常々感じていることでした。

また、この「外国語のリズム」は、大人になってから身に付けるのが難しいんですよね。(高校時代に、英語のリズムに慣れるため、ひたすらシャドーウィングの練習をさせられたのですが、私は結局身についた実感がありません。)
でもこれも、幼児のうちから沢山英語を聴かせることにより、そのリズムにも慣れることが出来るのではないかと期待しました。

語彙を増やす

文字を読むことが出来ない赤ちゃんは、パパやママたちが話す言葉を聞いて、目や手などの感覚で対象物を確認し、「音と物」もしくは「音と動作」などをリンクさせることによって単語数を増やしていきますよね。

それを英語でも、DVDの音声と映像により行うことによって、単語数が増えるんじゃないかなと思っていました。
(もっともこれは、「かけ流し」というより、じっと画面を観てくれないと効果が出ない事です。また、まずは日本語の語彙を増やすことも大切という考えなので、これに関してはあまり大きな期待はしていませんでした。)

スポンサーリンク

0歳から英語のかけ流しを続けてきて、5歳の今感じる効果

英語に対する免疫はついた?

5歳になった今、英語のアニメなどを集中して観ている様子から、「英語が嫌」とか「英語聴きたくない」「日本語で観たい」というような態度は見受けられません。「英語=勉強」という感覚になってしまうと、一気に英語に対して抵抗心が出る可能性があるので、今後も「英語=自然に身近にある言葉」という認識でいてもらえるように、工夫を続けたいと思っています。

英語のリズムには慣れた?

まだまだ文全体の聴き取りが出来たり、長い文章を読むといったことが無いので、本当の意味で慣れたかどうかは分かりません。でもある日、私が趣味で続けているドイツ語のラジオニュースを流していた時のこと、
「ママ、これは英語かとおもったけど、ちがうね?」と言い出したのです!日本語でのおしゃべりも上手になってきたので、自分の母語と英語の違いくらいは分かる様になってきたかなとは思っていましたが、5歳の時点で英語と他の言語を聴いて区別できるようになったのは意外な驚きでした。「うん、英語じゃなくてドイツ語っていう外国の言葉だよ!でもなんでわかったの?」と聞くと、
「わからないけど、これは英語じゃない気がした」との答えでした。

知っている英単語が聞こえたら「これは英語で話されている」と判別することが出来ますが、ドイツ語の単語を知らない彼にとって、それは無理。
となると、ドイツ語を「英語かもしれない」という前提で聴いていて、その言語のリズムが聴き慣れた英語のリズムではない事に気付いて「やっぱり英語ではない」と聴き分けることができたのかな、と思っています。

また、オンラインレッスンでの発音を聴いてみると、
”Is it correct?”-”It’s correct!”
”Are you ready?”-”I’m ready!”
といった簡単なやり取りではありますが、テンポが良いだけでなく、強弱や抑揚も自然な感じ(私が聴く限りでの話ですが、汗)。少なくとも、大人の英語初心者の様なぎこちなさは感じられません。
これは、日頃視聴しているCD/DVDのお陰で耳慣れしているお陰なのか、それともオンラインレッスンで開始早々学べたことなのかはわかりませんが、後者の場合にしろ、赤ちゃん時代からの英語かけ流しの効果がベースになっていることは間違いないと感じています。

語彙は増えた?

語彙については正直そこまで期待していませんでした。というのも、日本語でも知らない単語がまだまだいっぱいの時期。日本語でも分からないものを、英語で覚えるのは無理があるかなと思っていました。しかし、この夏英会話のオンラインレッスンを開始!最初はアルファベットの発音や簡単な単語からの練習で、「はじめは分からない単語ばっかりだろうな~」と思いながら横で観察していると、ほとんどの単語は知っているし、発音も比較的キレイで、私はびっくり&先生も驚かれていました!(実はこのオンラインレッスンを開始する前に、自宅で試した勉強法がいくつかあるので、そのおかげもあるかもしれません。それについてはまた別の記事で書きたいと思います。)ムスコいわく、「大体の単語はDVDに出てきているから知っていた」とのこと。
DVDは観せるだけで、単語のチェックやテストをしたことは全く無いので、連日流し観させただけでもここまで効果があったというのは、正直期待以上の結果です。

どんなDVDやCDをどんな風にかけ流ししていた?

どにかくかけ流すだけ!

わが家で行っていたのは、とにかく英語のDVDやCDをかけ流すだけ。

車の中ではひたすら英語CDを流しています。数枚のCDを定期的にローテーションさせています。オーディオブックは眠くなりそうなので(大人がね、笑)、歌のCDばかりです。

家の中では、1日朝晩、朝ごはん前後や夕方のご飯準備中の時間を使って、英語DVDを再生しています。集中して観るときもありますが、おもちゃで遊びながらの事も多いです。バックグラウンドミュージックの様な感じになっていても、気にせず、とにかく毎日再生していました。
今でこそDVDの種類も多くなりましたが、かけ流しを目的として赤ちゃん時代から使用しているのは以下の2枚だけです。

おすすめCD&DVD

『CatChat for BABIES 0才からの聞き流し英語』


Cat Chat for BABIES [ 城生佰太郎 ]

ムスコが生まれてすぐ、英語のかけ流し用に購入したDVDがこちらです。

楽天ブックスのレビューにもある様に、確かに映像が古臭いし、使用しているセットや小道具も、手作り感あふれるものばかり、笑。

でも、わが子たちの場合、独特な映像効果や音響に凝ったものよりも、このくらいシンプルな方が、歌やお話に集中できている感じがします。
子どもって、お話会とか、先生が読んでくれる絵本とか、集中して聞きませんか?
「目の前で幼稚園の先生たちが英語で手遊びしてくれてる!」という様な感覚で観る事が出来るDVDで、このアナログさがむしろ良かったのかなとも感じています。

副題は日本語での表記がありますが、DVDの中身としては、日本語が全く出てこないところも気に入っています。
“b”と”v”、”s”と”th”、”r”と”l”の違いを感覚的に捉えられるコーナーや、歌、手遊び、リトミック、倍速でお話を聞くコーナーなどがあります。
アナログながらも、「幼児に聴き流しさせたときに得られる効果」については、専門の方々が色々考えて作りこまれた内容となっているのを感じます。
殆どがネイティブ音声で、途中、日本人のフリーアナウンサーの海保知里さんも登場しますが、その発音のキレイなこと!(また余談ですが、名前が知れ渡る様になる前の青山テルマさんも出てきて、初めてみたときはびっくりしました!)

その後、CatChatがシリーズ化されていることが分かり、同じシリーズ内でステップアップしたDVDの購入も考えました。が、色々調べてみると、このシリーズ最初の『CatChat for BABIES 0才からの聞き流し英語』が優秀すぎて、同シリーズの他のDVDではなく、次のステップとしては別の種類のDVDを探すことにしました。

そして見つけたのがこちら↓

『Goomies English for Kids』


幼児英語 DVD Goomies English for Kids グーミーズ 【送料無料】 英語教材 子供英語 子供 幼児 英語 アニメ 発音 歌 学習 知育 教材 おもちゃ 男の子 女の子 1歳 1歳半 2歳 2歳半 3歳 4歳 5歳 6歳 小学生 グミ かわいい 恐竜

CatChatの次に、ムスコが2歳半ごろに購入したのがこちらのGoomies(グーミーズ)。英語学習教材のランキングでもたびたび目にするので、ご存じの方も多いと思います。
実際に使った感想としても、こちらのDVDはおすすめです!

ウサギのMoo(ムー)と、恐竜のTino(ティノ)が繰り広げるストーリーや、歌、リトミックなど、3分前後のアクティビティが沢山入っているので、なかなか飽きる事なく観てくれていました。
映像の作りや色の使い方に、海外の絵本の様なかわいらしさがあります。一つ一つのストーリーも、子どもたちが思わず吹き出してしまうような、チャーミングなオチが準備されていたりもします♪

リトミックも、覚えだしたら楽しいようで、身体を動かしながら楽しんでいます。
また、単語を覚えられるコーナーが秀逸!上にも書きましたが、ムスコはこのコーナーのお陰で、身の回りのものを英語で理解するようになったので驚きです。

赤ちゃん時代からのかけ流しとして、初期から使用していたのは上の2種類になります!
その後色々DVDを増やしてきましたが、始めの2~3年はこの2枚をひたすら聴かせるだけでも効果があったんじゃないかなと思います。
その後買い集めたDVDについては、使ってみてよかったものについてはまた別記事でレポートしたいと思います!
今後、お子様への聞き流しを行う際の参考になれば嬉しいです!