読み聞かせ記録

【絵本レビュー3】『いない いない ばあ』

楽天ブックス

あらすじ

Amazon

ページをめくるたびに、いろんな動物たちが「いないいない・・・ばあ」をしてくれる絵本です。
動物たちの「ばあ!」のお顔が、何とも言えない可愛さです!

 

 

楽天ブックス
楽天ブックス


【絵本選び】絵本定期購読のメリット&デメリットとおすすめ定期購読サービス幼児期の読み聞かせの効果についてはみなさんご存じの事と思いますが、その読み聞かせに使用する本を、ご家庭ではどのように選んでいますか? ...

感想&子どもの反応

初版が1967年とのことなので、なんともう50年以上にも渡って読み継がれている絵本なんですね!童心社さんのHPによると、発行部数は680万部を超え、日本で最も売れている絵本なのだそう。たしかに、ママ・パパになったら誰もが知っている本ですよね。
「いないいない・・・」でためてからの「ばあ!」で子どもが喜んでもらうのが、定番の読み方でしょうか。お目目まんまるの動物たちのお顔もとっても可愛くて、赤ちゃんにも表情が分かりやすいのでしょう。お座りできるようになるころの赤ちゃんが、興味を持って見てくれるのにも頷けます。こうして、これからもず~っと読まれていく本なんでしょうね。

うちの子たちも、何度も読み返しては楽しませてもらっています。例にもれず、ムスコの絵本デビューはこの『いないいないばあ』でした!
我が家では、毎回最後のページに出てくる「のんちゃん」の名前を、子どもたちの名前に置き換えて読み聞かせています。にやにやしながら「いないいない・・・ばあ!」を一緒にやってもらうのが、お決まりの終わり方になっています♪

かかりつけの小児科に、作者の松谷みよ子さんの他の作品も置いてあったので、何度か手に取ったことがあるのですが、どれも動物たちの表情が豊かで、ストーリーもシンプルです。
我が家では一番気に入った『いないいないばあ』のみ購入しましたが、他の作品もおすすめです!『もうねんね』は、寝かしつけにも使えそうですね♪

↓3冊セットもあるんですね!わが子は下の子がもうすぐ3歳なので、買い足すことはなさそうですが、お友達の出産祝いやハーフバースデーのお祝いにも良さそうですね!

楽天ブックス


松谷みよ子あかちゃんの本Aセット(3冊入) [ 松谷みよ子 ]

Amazonで探す↓

作品情報詳細

『いないいないばあ』
ぶん:松谷みよこ
え:瀬川康男
ページ:20ページ
対象年齢:0,1歳~
ISBNコード:9784494001019
発売日:1967年4月15日
発行:童心社
(参考:童心社HP)

【絵本レビュー1】『ちっちゃなおさかなちゃん』 あらすじ 「ちっちゃなおさかなちゃん」が、ひろーい海の中でママとはぐれてしまったようです。 暗くて広い海の中で、いろんな...
【絵本レビュー2】『かわいいてんとうむし』 あらすじ はじめは10匹いた”てんとうむし”が、ページをめくるごとに1匹ずつ消えていきます。 どこに行っていたかは、最後...